宿場町にゲストハウスをオープンさせるお手伝い

空き家となっていた築約200年の古民家をゲストハウスにするサポートを学生のメンバーで行いました。ただ改修の手伝いを行うのではなく、蔵の古民具を販売する企画を行うなど楽しみながらプロジェクトを実施し、新しくできる場所が地域に受け入れるように取り組みました。

具体的にどんなことをしたのか

〇 空き家を片づけるお手伝いを行いながら古民具の販売を行う

〇 実際に解体作業から始める

〇 解体作業では毎回真っ黒に

〇 中庭の池も再度使えるように掘り返す

〇 オープン時には地域の方々に来ていただきながらオープニングセレモニーを実施

どんな学びになったのか

〇 学生の学び
・ 建築
・ まちづくり
・ 空き家問題
・ ワークショップなどの企画運営
・ 合意形成プロセス
・ 社会工学

〇 地域の学び
実際の空き家を改修して有益な場所にかえる今回のプロジェクトでは、肉体労働も多い中毎回楽しんで参加してくれた学生たちにとても助けられました。空き家のオーナーさんも普段関係しない学生さんとの交流にとても喜び、学生の力がなければできなかったと話していました。

レポート