空き家調査と空き家ツアー

中心市街地での空き家増加に伴い、その課題を解決するためにまずは現状把握の為の空き家調査を行うことになりました。そのうえで、空き家が多い現状を何とか解決できないかと学生と共に考え、空き家を活用してくれる方を誘致する流れになり、空き家ツアーの実施を行いました。

具体的にどんなことをしたのか

〇 空き家調査の実施

〇 ヒアリングによる空き家調査

〇 空き家の現状を報告する会の実施

〇 空き家をめぐるツアーの実施

〇 ツアー参加者が実際に古民家を活用してカフェをオープン

どんな学びになったのか

〇 学生の学び
・ 企画立案
・ 調整業務
・ 広報PR
・ 社会工学
・ まちづくり
・ 空き家
・ 建築

〇 地域の学び
空き家の調査を地域の方々からヒアリングしていく中で関係性が構築され、最終的には学生が地域であいさつや声掛けをしていただけるまでになったことは地域と学生が実際に交流したことでお互いにメリットが生まれたからだと感じています。そのうえで単なる学生の調査だけに留まらず、実際に空き家をめぐるツアーを行い、実際に活用していただける事業者さんを誘致できたことは地域側に貴重な体験であり。機会であったと感じています。

レポート